リンパマッサージのスクールに通ってプロを目指そう

ツボを刺激する伝統医療

鍼灸

国家資格で地位を保証

医療関連の資格には医師・歯科医師・理学療法士などさまざまな種類がありますが、鍼灸師もその1つです。1つ、と書きましたが、正確には鍼灸師という資格があるわけではなく、鍼師・灸師という2つの国家資格を総称してそう呼んでいます。ただ、開業者の中には両方の資格を持っている人が非常に多いことから、一般には鍼灸師という名称が定着しています。鍼灸は、どちらもツボと呼ばれる人体の部位を刺激して、健康の回復を目指す技術です。鍼の場合は金属製のハリをツボに刺すことで、灸の場合はモグサと呼ばれる干し草を乗せて燃やすことで、それぞれ刺激を与えます。そのメカニズムは現代医学をもってしても完全に解明されてはいませんが、血流の改善作用や神経の鎮静作用があると考えられており、経験的に医療効果が認められています。鍼灸師は、国家資格を保有することでこの鍼灸を業として行うことのできる人たちです。資格を得るには毎年実施される鍼師・灸師それぞれの国家試験に合格する必要がありますが、この試験には受験資格が設けられています。具体的には、文部科学省が指定する大学または短大、厚生労働省が指定する専門学校のいずれかで知識や技術を学び、必要な単位を修めることとなっています。学習期間は3年ないし4年です。なお、視覚障がい者向けの特別支援学校にも養成コースが設けられています。鍼灸師は、その多くが鍼灸院と呼ばれる治療施設で仕事をしています。訪問治療を中心として自宅開業している人もいます。