リンパマッサージのスクールに通ってプロを目指そう

メンタルケアの仕事

カウンセリング

心理学に関わる仕事

心理カウンセラーという言葉を聞くと、メンタルケアの必要な人の心理をよく理解して、治療をしていく専門家というイメージをもつ方が多いでしょう。心理学の知識や技能を生かして、人の心を癒していくという専門性の高い仕事という印象を受ける人も沢山います。そのため、心理カウンセラーという仕事がしっかりと確立されているものように思われがちですなのです。しかし、実際は心理カウンセラーという資格はなく、病院や学校、会社や児童相談所など様々な場所で、心理カウンセラーとして働くという意味で使われていると言えるでしょう。資格は、臨床心理士をはじめ産業カウンセラーや心理相談員、認定心理士など多岐にわたります。それぞれの内容や難易度、資格試験を受けるための条件なども異なります。よく知られている臨床心理士の資格でいうと、試験を受けるためには4年制の大学で心理学を専攻し、さらに大学院に行くことが必要です。試験自体もかなり難易度が高いと言えます。一方、心理学を学んだ人がその知識を生かして、学校や職場で、心理カウンセラー的な立場で学生や社員の話を聞くという場合もあります。心理カウンセラーという立場で、話を聞く人がいるというだけでも効果があるケースもあるからです。総じて言いますと、心理カウンセラーという仕事は、様々な資格や働く場所や対象となる人によって、様々です。しかし、心理学の知識や技術を用いて、人々のメンタルケアをしていく仕事と言えるでしょう。