リンパマッサージのスクールに通ってプロを目指そう

養成学校で学ぶ

歯型

専門学校でしっかりと

歯科技工士とは、入れ歯や差し歯、被せ物などを歯科医師の指示に従い製作する仕事です。歯科技工士の資格は国家資格であり、国家試験に合格する事で資格を得る事が出来ます。歯科技工士になるには、歯科技工士養成校で勉強する必要があります。養成校には大学、短大、専門学校がありますが、歯科技工士の多くは専門学校で学び国家試験を受け資格を得ています。歯科技工士の国家試験の合格率は90%ほどであり、かなり高い合格率の試験です。合格率から見ると難易度は比較的に低いと考えられ、養成校での勉強をしっかりしておけば資格を取得できると考えられます。歯科技工士の仕事の内容は精密作業です。仕事は歯科医師からで、定められた納期もある為に労働時間が長時間になる事もあります。現在、歯科技工士の多くは8割が男性で、女性の少ない職業でもあります。また離職者の多い職業で、20代の方の離職が目立つ傾向にあります。その為、資格を取得しやすい職業である半面に、目標とやる気が試される仕事と考えられ、技術者として日々技術を高める努力を継続できるかが問題となります。歯科技工士の勤務先は歯科技工所、又は歯科医院となります。その他にも歯科器材のメーカーや病院などがありますが、資格を得ている事で就職先に困る事は少なくなると考えられます。現在、歯科技工士の数は全国で減少傾向にあります。仕事を取り巻く環境や給与など様々な要因が考えられますが、歯科医師の片腕として欠かすことのできない職業なのです。